目次

クレーター

クレーター (Crater) とは、爆発や衝突によって作られる凹地のことである
広義のクレーターは、火山の火口や爆発事故・爆弾によって生じたものも含む
狭義のクレーターは、隕石孔(いんせきこう)のこと
他の天体や隕石との衝突によって形成されたクレーターで、そのサイズは衝突した物の大きさ、質量、衝突時の速度によって異なる

地球上のクレーター

地球に落ちる隕石の大きさがそれほど大きくなくても巨大なクレーターができる
クレーター径は隕石の直径の約20倍と見積もられており、周囲5km、深さ170mの大きさのクレーターはクレーターとしてはかなりの大きさだが、それを作った隕石の大きさは直径約250mでしかない
地球上のクレーターは100個以上確認されているが、大部分は侵食で痕跡すら消えてしまっている
出会い 地球上で見られるクレーターの中には、ニッケル、金などを多く含んだものがあり、世界最大の鉱山を形成している場合もある
この為、有望な鉱脈を発見する手がかりともなっている
バリンジャー・クレーター(アメリカ・アリゾナ州、直径1200m、深さ180m) チクシュルーブ・クレーター(メキシコ・ユカタン半島- 直径約300km
地下約1000mに埋没している
) 御池山クレーター(日本・長野県飯田市上村 - 直径900m
日本で初めて確認された
) シルバーピット・クレーター (イギリス・北海 - 水面下40mにあり、堆積物で埋もれている
現在確認されているイギリス唯一のクレーターであるとされているが、異説もある
) フレデフォート・ドーム (南アフリカ共和国 - 現在知られている最大の隕石衝突跡) サドベリー隕石孔 (カナダ - 現在知られている世界で2番目に大きい隕石衝突跡) マニクアガン・クレーター(カナダ - 現在ダム湖になっている) 爆発によるクレーター: クレーターは隕石の衝突以外にも、隕石に匹敵するほどのエネルギーが瞬時に一箇所で発散される現象(つまり爆発)によっても生み出される
冷戦時代は核爆発によりネバダ核実験場などに多数の核爆発によるクレーターが出来たが、そのほとんどはその後風雨により自然消滅したか、人為的に埋められた
しかし強力な爆発が起こったものや、雨のなかなか降らない地域で行われた実験場では、いまだに何十年も前の核爆発クレーターが痕跡として残っているところもある

無料のレンタルサーバー fizby.net