隕石

隕石(いんせき、meteorite)は、地球以外の天体の小片が地上に落下したものである
「流星が燃え尽きずに地表に落ちたもの」と説明されることもあるが、隕石の起源天体と流星物質の起源天体は必ずしも同種ではないので[1]、正しい表現ではない

隕石の分類

金属鉄(Fe)とケイ酸塩鉱物の比率で大きく3つに分類される

鉄隕石(隕鉄) iron meteorite

主に金属鉄(Fe-Ni合金)から成る隕石
数百万年の時間スケールでの冷却によって生じるウィドマンシュテッテン構造が特徴的な模様として現れる
地域によっては、農具などに利用されていた
稀に、刃物に加工されることがあるが、通常の鋼材と違って焼き入れが難しいため、刃物には向かないとされる
また、日本式の「鍛錬」(詳しくは日本刀を参照)は困難である
熟女の紹介

石鉄隕石 stony-iron meteorite

ほぼ等量のFe-Ni合金とケイ酸塩鉱物から成る隕石
固体惑星に似た組成の小天体のうち、概ね直径100km以上のものは内部が融解し得ると考えられている
小天体の内部で融解が生じれば、重力によって成分分離が起こり、密度の大きい金属が中心に集まって核となり、これをより密度の小さい岩石質の物質が包んでマントルとなる
このような小天体が、相互衝突などによる何らかの外力を受けて破壊されたものが、隕石として地表に落下してくる天体小片であると考えられる
中心核が鉄隕石であり、マントル部が石質隕石である
小天体の中心核とマントルは明瞭な境界があるのではなく、境界領域では金属鉄と岩石が混在する
これが石鉄隕石の起源物質であると考えられている

石質隕石 stone meteorite

主にケイ酸塩鉱物から成る隕石
石質隕石は更にコンドルール(chondrule)を含むか含まないかで大別される
含む物をコンドライト(chondrite)、含まない物をエイコンドライト(achondrite)と呼ぶ

無料のレンタルサーバー fizby.net