バリンジャー・クレーター

バリンジャー・クレーター (Barringer Crater) は、アメリカ・アリゾナ州フラッグスタッフの東約55キロメートルに広がる衝突クレーターである
「アリゾナ大隕石孔」や「バリンガー隕石孔」、「メテオ・クレーター」 (Meteor Crater) とも呼ばれる
北緯35度1分38秒西経111度1分22秒に位置する
バリンジャー・クレーターは今から約5万年前に地球に衝突した隕石によって形成されたクレーターであり、直径約1.5キロメートル、深さ約170メートルである
クレーターを取り囲む周壁が特徴的で、周囲の平原からの高さは30メートルである
バリンジャー・クレーターを形成した隕石が衝突した時代、バリンジャー・クレーターが位置するコロラド高原は現在よりも寒冷湿潤な気候であり、マンモスや地上オオナマケモノが生息する草原地帯であった
バリンジャー・クレーターを作ったのは直径約20~30メートルの鉄金属隕石である
隕石は太陽よりも輝かしく燃えながら大気圏を通過し、時速4万キロメートルを超える速度で落下したと考えられる
そして地上に激突した隕石は凄まじい爆発を引き起こし、そのエネルギーはツングースカ大爆発の3倍を超えると推測される
爆発によって舞い上げられた岩石の総重量は1億7,500万トンと推定され、岩石は周囲1,200メートルに渡って降り注いだ
衝突地点に堆積した岩石は高さ170メートルにのぼる
周辺からは30トンもの隕鉄の破片が発見されており、周辺のディアブロ峡谷の名を取ってキャニオンディアブロ隕鉄と呼ばれている
衝突地点ではあらゆる物質が融解・気化し、高温高圧によって炭素からダイヤモンドが生成された
衝突によって生成されたダイヤモンドはクレーターのごく近くと、ディアブロ峡谷でのみ発見されている
衝突はマグニチュード5.5以上の地震を引き起こし、クレーターの外側にあった30トンの石灰岩の塊を突き動かした
衝突地点から半径3キロメートルから4キロメートル以内の生物は、衝突と同時に死滅した
その後、衝突によって発生した巨大な火の玉によって半径10キロメートル以内のあらゆる物質を焦がし、時速2,000キロメートルに及ぶ衝撃波が半径40キロメートル近くまで広がり、半径14キロメートルから22キロメートルまでのすべてを何もない荒野に変えた
しかしながらこの衝撃が地球の気候に大きな影響を及ぼすことはなく、100年ほどで動植物が再び根付いた

発見

バリンジャー・クレーターを最初に発見したのは、アメリカ西部への入植者であった
発見された当初、多くの地質学者はバリンジャー・クレーターが火山の火口であると勘違いしていたが、1903年に鉱山技師のダニエル・モロー・バリンジャーが巨大な鉄金属隕石の衝突によって形成されたクレーターであると指摘した
バリンジャーが経営する会社であるスタンダード・アイロン・カンパニーは1903年から1905年にかけてクレーターに関する研究を行い、バリンジャー・クレーターは隕石の衝突によって形成されたクレーターであるという結論を下した
1906年にバリンジャーは、共同経営者である物理学者のベンジャミン・チュー・ティルグマンと共にインパクト理論を裏付ける証拠を示した
彼らは米国地質調査所に最初の論文を提出し、この論文はフィラデルフィアの自然科学アカデミー会報で発表された
その後、衝突によって発生した高温高圧の痕跡がユージーン・マール・シューメーカーの研究によって示され、バリンジャーの仮説が証明された
宇宙からの飛来物の衝突によって形成されたことが証明された地形は、バリンジャー・クレーターが初めてである
しかし、隕石はクレーターの底ぐらいの大きさがあると思われていたが、実際に衝突した隕石の直径は約20~30メートルぐらいしかないことがわかり掘削が中止された
そのすぐ後、心臓発作によりバリンジャーは亡くなってしまった
(2004年放映:「NHKスペシャル 地球大進化 46億年・人類への旅」では、「バリンガー」と紹介された)

チクシュルーブ・クレーター

チクシュルーブ・クレーターは、メキシコのユカタン半島にある小惑星衝突跡
この衝突が恐竜の絶滅の原因の一つと考えられている

概要

クレーターは地下約1000mに埋没している
中央のドームは約180km、クレーターの直径は約300km
衝突した小惑星の大きさは、直径約10km程度で、衝突時のエネルギーはTNT火薬相当で80Tt(広島型原爆が15kt程度なので、その50億倍程度)を超えたと推定されている

発見

1977年、ウォルター・アルヴァレスがイタリアの約6000万年前の地層でK-T境界を発見
K-T境界は世界各地でその後発見されるが、この地層を境に恐竜を始めとして発見される化石の種類が激変することが分かった
また、K-T境界では多量のイリジウムが含まれ、小惑星の衝突によってK-T層ができたという説が浮上した
この説が登場すると衝突跡を探す研究者が増えた
1990年代初頭にアリゾナ大学の大学院生であったヒルデブランドがハイチの山地で、K-T層に含まれ惑星衝突時の巨大津波で運ばれたと推定できる岩石を発見する
これらの岩石は特にカリブ沿岸に集中していた
ヒルデブランドと彼の教官のボイントンは研究成果を出版する
しかしカリブ海には肝心のクレーターを発見することはできなかった
この話に興味を持ったヒューストン・クロニクルの記者カルロス・ビヤーズはヒルデブランドに連絡をとり、1978年にグレン・ペンフィールドがユカタン半島で発見したクレーターがK-T層を形成したときに出来た小惑星の衝突跡ではないかという話をした
1978年当時、ペンフィールドはメキシコ国営石油で油田発見のため地磁気の調査を行っていた
ペンフィールドは磁気データが綺麗な弧を描いていることに気付いた
そこで彼は、ユカタン半島付近の重力分布データを地図に起こした
するとチクシュルーブ(Chicxulub)の村を中心として円を描いていることに気付く
このことを発表するが大きな関心事になることは無かった
ペンフィールドは諦めずにいた
彼は1951年から続いていた付近のメキシコ国営石油の採掘井戸の1300m付近からイリジウムを含む安山岩がでることを知っており、これがクレーター跡の証拠と考えていた
しかし同様の岩石は火山活動でも作られることが知られており、惑星衝突の証拠として長い間否定的に見られていた
ヒルデブランドは、ペンフィールドとコンタクトを取り、油田から出た岩石とヒルデブランドの発見した岩石と比較を行い、サンプルはほぼ小惑星の衝突で出来た物と推定された
熟女

無料のレンタルサーバー fizby.net